解体工事と消費税の関係は?増税前には経過措置がとられた

未分類

消費税とは?

消費税法が初めて日本で適用されたのは1998年12月、翌年4月に消費税3%として施工され、現在ではもはやあたりまえとなっています。

その後も消費税を廃止し違う形での課税などさまざまな構想はあったものの、1997年には消費税5%に。2014年には8%と消費税の法案通り上がって行き2021年現在は消費税率10%となりました。

そして、解体工事にも消費税法は適用されるので消費税がかかります。過去の事例から解体工事と消費税に関するポイントは以下の通りです。

  • 解体工事にも消費税がかかる
  • 解体工事の消費税は金銭引き渡しのタイミングでの税率

10%に切り替わる際には適用される税率がわからず混乱するケースも。解体工事は大きな金額となるので過去の事例から大事なポイントをおさえておきましょう。

消費税は解体工事にも関わる

解体工事にも消費税がかかります。消費税は消費する金額が高ければ高いほど影響も高くなり、高価な買い物だと言える解体工事は消費税の影響を大きく被ることになるでしょう。

解体工事にはおおよそ150万円ほどかかります。税率が8%のままでしたら150万円の解体工事のうち消費税は12万円でした。しかし現在の消費税10%ですと15万円となり3万円もの差がでてしまいます。

そして、過去に消費税が切り替わる際には適用されるタイミングがわからずに混乱するケースから、駆け込み需要により工事の予約がとれないといったケースまでトラブルが数多くありました。

解体工事の消費税増税による影響は金銭的だけではなく工事の進行にも関わります。事前に適用されるタイミングや金額を把握しておくことが重要となるでしょう。

消費税10%に変わる際には経過措置が取られた

現在の消費税率である10%に切り替わったのは2019年10月です。解体工事だけではなく適用される税率が分かりにくいなど数多くの混乱を招きましたが、解体工事はタイミングにより税率が変わる「経過措置」が取られていました。

消費税が10%に引き上げられたのは2019年10月1日。経過措置ではこの日を施工日として、そこから半年前の2019年4月1日を指定日としました。

指定日の前日である2019年3月31日までに解体工事の契約を済ませておけば、工事完了が2019年10月1日以降でも消費税率8%で解体工事を行える。

経過措置は以上のようになっていますが、実際にはその内容がわからず駆け込み契約による混乱を招きました。

まとめ

解体工事と消費税の関係について紹介しました。消費税は解体工事の際にもかかってくる税金であり、高い買い物である解体工事だと影響がより大きなものとなっています。

そして、消費税切り替えの際にはタイミングがわからず駆け込み予約が多くなってしまうことも。解体工事の予約がとれないことで契約が遅れ、結果的に増税後での契約となってしまうケースも考えられます。

解体工事の消費税による影響は大きなものなので、仮に今後増税となった場合に備えて増税のタイミングや経過措置などを知り、損をしないタイミングでの工事が行えるように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました